電気コンセントプラグの差し込み交換方法

確実に!差し込みコンセント交換

電気器具で最も多いコードやプラグ部分の故障を防ぐには、適正な長さでコードを使用し、プラグを手で丁寧に扱うことが大切です。。。器具が止まったり動いたりする現象は、コードに傷みやプラグ内のトラブルが考えられます。傷んだコードはその部分を切り取って、劣化したプラグは新しいものと交換します。いずれにしても、プラグをつなぎ換える作業が必要です。

プラグの交換は導線の巻き方に注意しましょう!

DIY道具:ニッパーペンチプラスドライバー

プラグの交換は誰にでもできそうですが、いい加減に作業すると、「ヒゲ線短絡」といって内部の(+)と(-)の導線がショートし、思わぬ事故につながります。
2本のコード内にある何本もの導線を時計回りにねじって、バラバラにならないようにしっかり止めることが大切です。
導線を時計回りにねじるのは、それを止めるネジと同じ回転方向にしないと、すぐにほぐれてショートする恐れがあるからです。

プラグ1

まずはビニールコードをカットします。
新しいプラグと交換するときは、なるべくプラグに近い位置で交換しましょう。
ビニールコードが傷んでいるときはその部分の手前をニッパーペンチで切断します。

プラグ2

切り込みを入れます。
ニッパーやカッターでビニールコードの先端の真ん中に切り込みを入れます。

プラグ3

ビニールコードを裂きます。
手で5cmくらいまでビニールコードを裂きましょう。

プラグ4

ビニールを剥きます。
くれぐれも導線を傷つけないように、先端から3cmくらいのところをニッパーペンチで切り、ビニールを剥きます。

プラグ5

時計回りに導線をねじります。
ネジと逆回転にするとバラバラになる恐れがあるので、時計回りに導線をしっかりねじります。

プラグ6

ネジに導線を巻きつけます。
プラグのネジをゆるめ(はずしてしまうと作業がしにくいので)、導線を時計回りに巻きつけます。
2本のうちどちらを左右に取り付けても構いません。極性はありません。

プラグ7

プラスドライバーで締め付けます。
プラスドライバーでネジを締め付け、はみ出た導線があればニッパーでカットします。
それでも不揃いなら、「ヒゲ線短絡」の原因になるので、はずしてもう一度導線をねじって巻き直しましょう。

プラグ8

これで作業完了です。
後はふたを閉めて、コンセントに差し込み通電を確認して終了です。


このエントリーをはてなブックマークに追加

~インフォメーション~

↑ PAGE TOP