ドアノブの交換方法(チューブラ錠)

慌てず簡単にドアノブ交換!

ドアノブ本体をビスで固定しているドアノブをレバーハンドルタイプに交換する方法です。。特殊な道具は必要ないので、簡単にドアノブを交換することができます。このページで使用しているレバーハンドル錠は円筒錠・チューブラ錠兼用のものですので、まずは一度交換しようと思っているドアノブを見てみるといいですよ(^^♪

ドアノブ交換の材料と道具

DIY道具:プラスドライバーマイナスドライバーウォーターポンププライヤー千枚通し(四方キリ)、つまようじ、ニッパー

ドアノブ19

①内側のドアノブ
②外側のドアノブ
③座金と外側のドアノブを止める為のネジ4本
④ラッチボルト
⑤ラッチボルトを止める為のネジ2本
⑥ラッチを受ける箱受けと受け皿、ネジ2本

チューブラ錠の取り外し交換作業

ドアノブ20

チューブラ錠を内側から見たところの写真です。
内側の丸座にネジが2つあるのが特徴です。
ドアノブによってはカバーが付いていてネジが見えないものもありますよ。

ドアノブ21

内側のドアノブに付いている2つのネジを取り外します。
ネジが外れたら、丸座ごとドアノブをまっすぐ引き抜きましょう。

ドアノブ22

外側のドアノブも同様に取り外しましょう。

ドアノブ23

そして、フロント板の2ヶ所のネジを緩め、ラッチボルトを取り外します。
ラッチボルトとフロント板の取り外し方法は「握り玉ドアノブをレバーハンドルに交換する方法」を参照してください。

ドアノブ24

新しく取り付けるラッチボルトとフロント板をネジでとめます。
そして、レバーハンドルの外側のノブを差し込み、ネジで固定します。
ラッチボルトとフロント板の取り付け方法は「握り玉ドアノブをレバーハンドルに交換する方法」を参照してください。

ドアノブ25

最後に内側のドアノブを差し込み、ネジでとめて出来上がりです。


このエントリーをはてなブックマークに追加

~インフォメーション~

↑ PAGE TOP