玄関門扉の蝶番ドアノブ修理に必要な道具や材料

扉や蝶番、ドアノブに必要な道具

このページでは玄関や門扉の蝶番、ドアノブ交換や修理に必要な道具や材料を紹介しています。。DIYで作業をする時に足りない道具や材料があると困りますよね。スムーズにそして安全に作業をする為にはきちんと必要な道具や材料をそろえることが重要ですよ。

玄関・門扉の蝶番、ドアノブ交換や修理に必要なDIY道具や材料

『プラスドライバー』
蝶番やドアノブのフロント板の取り付け取り外しなど、ビスを締め付ける時や緩める時などに使用します。ドライバー自体が磁石になっているのでビスが落ちません。

『マイナスドライバー』
蝶番やドアノブのフロント板の取り付け取り外しなど、ビスを締め付ける時や緩める時などに使用します。ドライバー自体が磁石になっているのでビスが落ちません。

ウォーターポンププライヤー
ドアノブの丸座やビスなどを掴むのに使用します。水道の修理などにも使います。

『四方キリ』
ビスをねじ込む際に下穴を開ける道具で、取り付けるビスがずれないようにします。

『ニッパー』
ビス穴が大きい時つまようじや割りばしで木栓をし、それらを切るのに使用します。

『電気ドリル』
鉄や木などキリを付けて穴を開けるのに使用します。電気ドリルの製品によって、振動ドリルと回転ドリルの両方ができるものもあります。

『充電ドライバー』
回転(クラッチ)式とインパクト(打撃)式があり、ビスを楽に締め付けることができます。

『ワイヤーブラシ』
蝶番など錆を落とすのに使用します。

『防錆潤滑剤』
錆ついているものを動かしやすくしたり、潤滑、防錆効果があります。

『ピアスビス』
充電ドライバーを使い、ビスの先端のキリで鉄などの部材に穴を開けて締め付けることが出来ます。


このエントリーをはてなブックマークに追加

~インフォメーション~

↑ PAGE TOP