簡単にDIYできる!壁紙の張り替え方法について紹介しています。。素人の私でも出来た壁紙の張り替え、ホームセンターで売っている「のり付きの壁紙」を簡単に張り替えれた方法を参考にしてみて下さい。壁紙の素材としては、ビニール、紙、布、が一般的です。この中でも、最も多く使われているのがビニールの壁紙です。汚れが付きにくく、付いても家庭用洗剤などで簡単に落とせるので、メンテナンスも楽です。紙に比べてやや値段が高くつきますが、長く使うにはビニール壁紙が結局はお得です。布は趣きのある部屋を演出できるなどのメリットがあります。

〜張れる面と張れない面があります〜

室内であればほとんどの面で利用できる壁紙ですが、張ってもすぐにはがれてしまう面もあります。

凹凸のはげしい面は苦手で、常時水がかかったり、湿気の多い場所も適しません。

壁紙の張り替えで真っ先に行うのが、張る面(下地)のチェックです。

どんな面に張れて、どんな面が適さないか知ってから、張り替えの作業を行いましょう。

『張れる面』
○ベニヤ板 ○つや消し塗装 ○古い壁紙を剥がした面 ○しっくい壁
○石膏ボード ○室内のコンクリート、モルタル

『適さない面』
○凹凸のはげしい下地 ○浴室内など常時水のかかる場所
○屋外

〜張る面を平らにする下地調整が大切です〜

DIY道具: はがし剤(ペイントリムーバー)サンドペーパーセットパテ・ヘラセット水性塗料の下塗りシーラー下地おさえ紙壁紙用糊マスキングテープ地ヘラジョイントローラー植込みブラシ

壁紙張り替え1

『@古い壁紙を剥がす』

上部の隅から下にめくるように剥がします。2層になっている表面をゆっくり引っ張るように剥がすと、破れずに剥がせます。

壁紙張り替え2

薄い下地が残っている場合は、それが下地になるので剥がさずに上から張ります。

表面の紙や下地が破れて汚くなっている時は、「障子紙・壁紙剥がし」などの剥離剤(ペイントリムーバー)を使って剥がします。

壁紙張り替え3

どうしても剥がれない場合は、サンドペーパーをかけて、その上から張ります。

壁紙張り替え4

『A穴などを埋める下地調整』

穴や亀裂がある場合は、パテなどを使って埋め、サンドペーパーをかけてから壁紙を張ります。

壁紙張り替え5

釘の頭が出ている場合は、放っておくと新しい壁紙を傷つけるので、かなづちで打ち込みサンドペーパーをかけて平らにしておきましょう。

壁紙張り替え6

『B和室壁の下地調整』

老朽化した繊維壁や砂壁(綿壁・じゅらく・土壁)に直接壁紙を張ると、繊維や砂の劣化にあわせて壁紙も剥がれやすくなるので、水性塗料の下塗りシーラーを塗っておきましょう。

壁紙張り替え7

水性塗料の下塗りシーラーが乾いたら、「下地おさえ紙」を壁紙用糊を付けて張ります。

壁紙張り替え8

壁の辺や壁紙の継ぎ目など、剥がれやすい場所に下地おさえ紙を張っておくと長持ちします。

〜垂直を測りながら壁紙を張っていきます〜

再湿(裏に水をつける)タイプの壁紙は、水をたっぷり塗るのがポイントです。

室内で作業する場合は、下が濡れてもいいように新聞紙などを敷いておくといいですよ。

柱などとの境目にはマスキングテープを張っておくことも忘れないようにしましょう。

『@必要量の目安』

3畳:10ml1本+5ml1本

4.5畳:10ml2本+5ml1本

6畳:10ml3本

8畳:10ml3本+5ml1本

市販の壁紙は、92cm幅の1枚(1.85m)ものと、同じ幅で5m、10mなどのロールになったものがあります。

『A必要量を算出する』

壁紙張り替え9

壁紙を張る面の天井から床までをメジャーで測り、その数値に5〜10cmを加えた長さで算出します。

柄もので柄合わせが必要なものは、さらに幅、長さの余分をみます。使用する壁紙の幅に応じて、継ぎ目を何処にするかを決め、壁に継ぎ目の印を付けておくといいですよ。

『B壁紙を裁断する』

壁紙張り替え10

壁紙をAで測った長さに切ります。

柄合わせが必要なものは、2枚目からは1枚目の柄と合うように置いて切ります。裏に、張る順番と上下を書いておくのがポイントです。

壁紙張り替え11

『C裏に水を付ける』

1、壁紙の裏にスポンジでむらなくたっぷり塗ります。幅92cm×1mあたり200cc強程度です。

壁紙張り替え12

2、のりが戻るまで、びょうぶたたみにして、3〜5分くらい置いておきます。

壁紙張り替え13

『D壁紙を張る』

1、天井際や幅木などにマスキングテープを張っておきます。

壁紙張り替え14

2、1枚目を張る位置に5円玉をおもりにした糸を画鋲で止めて「垂直」をはかり、鉛筆で線を引きます。

壁紙張り替え15

3、線に沿って1枚目の壁紙を張ります。天井部に余分に残して垂直にし、上部20cmほどを手で押さえて仮止めをします。

壁紙張り替え16

『E継ぎ目を綺麗にする』

1、1枚目に合わせて2枚目を2〜3cm重ねて同様に張ります。

壁紙張り替え17

2、重なった部分の中央に地ヘラをあて、2枚一緒にカッターナイフで切ります。

壁紙張り替え18
壁紙張り替え19

3、左右の余分な紙を取り除き、継ぎ目部をジョイントローラーでしっかり押さえます。

壁紙張り替え20

4、植込みブラシで中心から外側に空気を押し出しながら張っていきます。

シワになったらその部分まで剥がして張りなおしましょう。

壁紙張り替え21

5、天井や下の幅木などの際を地ヘラできめ込みます。

壁紙張り替え22

『F余分な壁紙を切る』

張り終わったら、よく乾燥させて上下の余分な紙を地ヘラをあてて切り、マスキングテープとともに剥がします。

☆コンセントやスイッチの部分は?☆
コンセントやスイッチなどのプレートは壁紙を張る前に、プレートを外しておきましょう。プレートよりも内側で壁紙を切ると外から綺麗に見えますよ。

コンセントやスイッチのはずし方はスイッチプレートの交換方法のページを参考にしてください。

〜玄関ドア周りのDIYと大工道具の使い方〜

Copyright (C) 簡単DIY!壁紙の張り替え方法 , All rights reserved.